【膝痛.com】〜腸脛靭帯炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hizagaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは外側の膝が痛くなる、腸脛靭帯炎について詳しく説明していきます。

膝の外側には、骨盤から股関節と膝関節を経て、脛骨の外側に伸びる腸脛靭帯があります。腸脛靭帯は大腿筋膜張筋という筋肉によって、その緊張が保たれています。ランニングなどで過度の負荷がかかると、腸脛靭帯と大腿骨の外側の骨の膨らみの部分とが擦れることで、炎症を起こし痛みが生じるのが腸脛靭帯炎です。

鵞足炎とは対照的に膝の外側に痛みがあるのが特徴で、O脚(直立時に両膝をくっつけることが出来ずに隙間が開いている足)などの骨格異常や、アスファルトなどの固い地面、傾斜のある場所を走りすぎることで起こりやすくなります。元々走るフォームが足の外側に重心を置く人に起こる傾向にあります。

腸脛靭帯炎は鵞足炎と同様、ランニングによって起こる代表的な障害で、共にランナー膝(ランナーズニー)と呼ばれています。膝の外側が痛い場合は、腸脛靭帯炎を起こしているかもしれません。


sponsored link



【膝痛.com】TOP

copyright©2014  【膝痛.com】〜内側・外側の膝の痛みの原因と治療〜  All Rights Reserved