【膝痛.com】〜骨粗鬆症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hizagaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは膝が痛い原因となる病気、骨粗鬆症について詳しく説明していきます。

骨には密度があり、一般的に若い人の骨は密度(骨密度)が濃く硬さもしっかりとしているのですが、高齢者の場合は偏食による栄養失調や老化に伴って骨の密度がどんどん薄くなり、骨の内部はスカスカの状態へと変わってきます。
こうなると骨はもろく折れやすくなってしまい、軽い衝撃や負荷でも簡単に怪我や骨折をしてしまうこともあります。
女性ホルモンも関係していて、男性よりも女性に多く、特に更年期を迎えた中高年以上の女性の患者が増加する傾向にあります。

骨粗鬆症の症状としては、骨量の減少で椎体が変形していく為、背骨が曲がったり腰が曲がったりして身長が縮むことがあります。骨粗鬆症の方で最も多く見られるのは、背中や腰の痛み、股関節の痛みです。
また、転んだ拍子に手や膝を付いただけで骨折してしまったり、それらが重なって介護が必要な状態になる恐れもあります。

骨粗鬆症の治療は、骨を形成するカルシウム(カルシウム製剤)と腸管がカルシウムを吸収しやすくする薬(活性型ビタミンD3)の服用、骨形成を助ける薬(ビタミンK製剤やテリパラチド)の服用、骨吸収を抑制する薬(女性ホルモン製剤やカルシトニン)の服用などの薬物療法が一般的です。


sponsored link



【膝痛.com】TOP

copyright©2014  【膝痛.com】〜内側・外側の膝の痛みの原因と治療〜  All Rights Reserved